本文へ移動

見守り相談室

見守りネットワーク強化事業概要

誰もが安心して暮らせる地域づくりを目指して、
地域における要援護者の
見守りネットワーク強化事業を行っております
近年、少子高齢化の進行や社会経済情勢の変化、地域におけるつながりの希薄化などを背景に、いわゆる「孤立死」に代表されるような社会的孤立など、地域における社会課題は、複雑化・多様化・深刻化しています。
また、台風や集中豪雨、地震などの災害発生時における要援護者の避難支援や災害発生時に備えた体制の構築が課題となっています。
旭区でもこうした課題認識のもと、各地域の実情に応じて取り組まれている「地域における見守り活動」をさらに強化する事業として、「地域における要援護者の見守り支援ネットワーク強化事業」を平成27年4月から始めました。
旭区社会福祉協議会では「見守り相談室」を設置し、行政と地域が保有する要援護者情報を活用することにより、地域におけるきめ細やかな見守りネットワークの実現を目指すことを目的として、次の三つの機能を実施する事業に取り組んでまいります。

機能1. 要援護者名簿に係わる同意確認・名簿整備

見守りを目的とした要援護者の情報を地域等へ提供するため、本人の同意を郵便や見守り支援ネットワーカーによる訪問で確認します。
また、行政と地域が保有する、要援護者の情報を集約することで、平時の地域での見守り活動や災害時の避難支援に備えるため、真に実用的な「要援護者名簿」の整備をすすめます。

機能2. 孤立世帯等への専門的対応

 地域社会との繋がりを持たない、社会から孤立した危険性の高い要援護者世帯やセルフネグレクト(*1)の状態にある方に対して、見守り支援ネットワーカーが粘り強く訪問を行うなどの個別支援を通して、地域の見守りや福祉サービスになどにつなぎます。
また、地域で定期的に出張見守り相談室(通称 みまもり庵)を開設し、より身近な場所で様々な相談事をお茶でも飲みながら聞かせていただければ、と考えております。(*2)
 
(*1) 日常生活を営むために必要な意欲・能力を喪失し、自己の健康・安全を損なう事。医療拒否、不衛生な環境での生活、家族や社会からの孤立、など。
(*2) 現地相談会として、地域の協力者や関係機関等との連絡会としても行います。

機能3. 認知症高齢者等の行方不明時の早期発見

 本人や家族から事前に登録を受け付けた、徘徊の恐れのある認知症高齢者等が行方不明となった場合に、警察による捜査を補完するものとして、行方不明となった方の氏名や特徴等の情報を当時の情報も含めて、メールやFAXで地域の協力者(関係機関等)に配信することで、対象者の早期発見・保護につなげます。
 
★事前登録をご希望の方は、申請書をダウンロードの上、見守り相談室までお問い合わせください

みまもり庵一覧

誰もが住み慣れた地域で自分らしい生活が過ごせることを目的に、4月1日より「見守り相談室」を開設しています。見守り相談室では、福祉サービス等の支援が必要ながら支援を受けておられない方を、地域における支え合いの活動や公的機関と連携しながら、安全安心に暮らしていけるようご相談をお受けしています。
TOPへ戻る